スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- コメント(-)

11/28 山田恭弘オカリナコンサート終わりました

山田エローラ

 11/28、毎度のエローラにて山田恭弘のオカリナのコンサートが行われた。
気温上はもうすでに晩秋も通り越して完全に冬の趣。いつもつくづく思うのだが、季候の良い時期ならいざ知らず、寒いとき暑いときにまで来てくださるお客様、果たして何を求めていらっしゃるのかと思うと背筋のスーッと伸びる思いがするのだ。

 オカリナは今、数ある生涯学習の中でもブームと言っても良いだろう。今日の大将山田恭弘も元はフルート吹きでスタジオ・ライヴミュージシャンとしても活躍していたが、その後よりオカリナ歴およそ30年、それこそオカリナ黎明期から先見の明のあった演奏家の一人だと思う。
 そもそも土産物や民族工芸品の趣が強かったオカリナはとりあえずピポピポとおしるしで音が鳴ればそれで良かったのだろうが、それを楽器として追求していくと意外にどんなジャンルにも合い、素朴だが艶っぽくて、押しつけがましくなく、癒し度の高い音色を持つ、なかなかに奥の深い楽器であると当時山田さんは気がついたらしい。事実山田さんの演奏は例えばフルートで同じ曲を聴くよりずっと趣があるのだ。その音色と音楽性に惹かれて生徒は増え続け、数十カ所の教室に常に300人余りの生徒がいるのだから、ブームと言うより文化と言えるようになってきているのかも知れない。

そしてそんな癒しのコンサートに今回は妖艶なゲストの登場。
ジャズヴォーカリストで女優の鶴田さやかさん。大俳優であった鶴田浩二さんの三女である。
さやか切り抜き
当初はカラオケ音源を使ってコーナーを務めていただくことになっていたが、急きょ、私と継田さんでサポートして生で行うことになった。その場で楽譜をいただき手探りで合わせをして、本番はおっとどっこいなハプニングもあったりしたが、耳なじみのあるジャズの名曲を艶やかに歌い上げてくれた。また、MCをはじめステージングはさすが!あっという間にさやかワールドにお客さんを引き込んで、意外に綾戸智恵さん風な笑いを誘ったりして大いに盛り上げていただき、上の写真通りのゴージャスなコーナーとなった。

毎回恒例の継田さんの絶品パーカッションソロもあり。
継田ソロ


 そして山田さんはと言えば、ガブリエルのオーボエ、浜辺の歌変奏曲、ユーレイズミーアップ、グラナダ、リンゴ追分など、本当にバラエティ豊かな品揃えで、しかもそれぞれが「山田色」に塗り込められたオカリナの音色がぴったりと合っており、その音は客席の暗闇に向かってどこまでもやさしく染み渡っていくようで、お客様はその音の海にぷかりと浮かんでいるようで、エローラの空間の心地よさを皆で共有できたような気がした。


【鶴田さやか公式ブログ】
【鶴田さやかCD情報1】
【鶴田さやかCD情報2】

.03 2012 コメント0

コメント

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shinsyoo.blog.fc2.com/tb.php/64-d8fc61c1

プロフィール

shinsyoo

Author:shinsyoo
さまざまな方と一緒にコバンザメのように行動しています。
「エイケントリオ」
「江波太郎」
「Saxophone ViVi」
「和田由貴」

松本真昭へ連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃい

エルムンド フォトアルバム


しらびそ小屋 フォトアルバム


2012桜 アルバム


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。