スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- コメント(-)

Saxophone ViVi、山へ行く

 だいぶ前のことになってしまったが、三日坊主の私のこと、そもそもよくぞブログが続いているものだとお許しをいただきたい。

 去る、8月11日に、北八ヶ岳しらびそ小屋恒例の「Saxophone ViVi 山小屋コンサート」が行われた。今年で11回目?を迎える山の中でのコンサート。といってもピンと来ない方も多いと思うので時間を追って書いてみよう。

8/10

朝8:00 長野県佐久市にあるvivi小峰小林邸を出発。車には山用品コンサート用品が満載。

9:00 最寄り駅、JR小海線の海ノ口駅近くの山小屋ご主人家族の「下界」の家に寄り、更に荷物を積み、稲子湯という温泉近くの通称ドバまで林道を走って30分。
ドバ


10:00 ドバで荷物(山岳用品、サックス4本、オカリナ2ケース、PA機材一式など)を車から全部降ろして、背負って歩く・・・・・・のではなく(笑)キャタピラの付いた荷揚げ用の運搬車に積む。振動防止のためウレタンやスポンジや毛布などをロープやゴムでしっかりと養生して激しい振動に備える。このあとこのキャタピラは道なき道を時速1kmくらい?の猫足でゆっくり登っていく。
キャタ  CA3I0609.jpg

そして僕らも自分の足で大地を踏みしめながら歩き出す。
CA3I0612.jpg

道中ではいろいろな風景に出会う。
DSCF5341.jpg DSCF5349.jpg DSCF5345.jpg 恐竜

12:00 約1時間半ほどでしらびそ小屋に到着。
しらびそ小屋 DSCF5356.jpg
この直後にグビッとやる缶ビールは、どこかの国王が宮中の晩餐で執事に注いでもらうビールより格段に美味いと断言できる。そしてほどなく小屋のおかみさんが作ってくれるインスタントラーメンは、帝国ホテルのビーフシチューより間違いなく美味いのだ。

このあと少し休んでリハを夕刻までやる。
リハ中

今日のご飯はこれ。全て手作り。大きな山小屋の出来合いのおかずでは味わえない、素朴な美味しさにあふれている。当たり前に美味しいのだけれど、その当たり前をこの場所で続けている小屋の方達に敬意を表する。
ごはん

今日はここまで。おやすみなさい。

8/11

朝の池。
朝の池

7:00 朝ご飯はこれ
名物、薪ストーブで焼いた厚切りパンと共に活力あふれるメニューで元気チャージ。ここには写っていないが、おかみさん特製の漬け物や若女将手作りのジャムなどと共に。
厚切りパン DSCF5361.jpg

朝の散歩がてら、近くの山を散策。
苔
見事に苔むした林の中を抜けると、
見事な眺望がぽっかり現れる、通称「展望台」。
DSCF5372.jpg 展望台2


ミニトレッキングから帰って、リハをして、お茶お昼と休憩いただいて、14時頃から空とにらめっこ。なにしろ山の天気は変わりやすい上、そもそも私が極端な「雨男」なのだ。いずれその雨男ぶりはここで披露することにして・・・・あぁ、やっぱり、ぽつりぽつりと・・・雨粒が・・・。

15:00 急きょ山男達がブルーシートを使ってあっという間に屋根の完成!予定通り外で行うことになった。
DSCF5387.jpg コンサート2

16:00 コンサート開始。天然のリバーブが相変わらず心地よい。目の前の他にも森の中や湖畔など、皆、おもいおもいの場所で聴いているのだが、それがまた気持ちいい!お風呂の中で歌うとエコーがかかって上手く聞こえると言われるが、実際には狭い場所で音が乱反射して、音が幾重にも反復した残響が付いたように聞こえるわけだ。それに対してここで出した音に付く残響は、出した音に何も足さない何も引かない雑味のない響きが、どこまでもリニアにまっすぐ減衰していく、それは見事な残響なのだ。今までにいろいろなホールに行ったし、松伏町のエローラはとても好きなホールだが、それらとはちょっと別の次元のスケール感をまとっているようで心が透く。そしてこのこぢんまりとした古くさい小屋が、何十億もの費用をかけたホールにはないこのスケール感を持っているところがなんとも痛快だ。

夜は山男、山ガール達に混じって山の幸満載の大宴会となる。
宴会

今日はここまで。おやすみなさい。


8/12

朝6:30
まだ仕事は終わらない。眠いけど、朝それぞれの目的地に向かって出立するお客さん達を音楽で送り出す朝のミニコンサートの始まり〜。
みどり池とキーボード
今回は湖畔をステージにして生音で開始したのだが、お客さんはなんと池の向こう岸にぞろぞろと移動を始めて、池を渡る音をおもいおもいの格好で聴いている。頬杖をついて座り込んでいる人や、空を見上げて背伸びをしている人もいる。音楽の心地よさの原点はこんな事かなあと来るたびに思うのだ。


【しらびそ小屋ホームページ】
【Saxophone ViViホームページ】
【しらびそ2012フォトアルバム】


DSCF5409.jpg




.11 2012 コメント1

コメント

美貴
【佳乃】という名前で登録しています。(人・ω・)♪ http://movie.2xb2.com
2012.10.01 01:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shinsyoo.blog.fc2.com/tb.php/51-10c34129

プロフィール

shinsyoo

Author:shinsyoo
さまざまな方と一緒にコバンザメのように行動しています。
「エイケントリオ」
「江波太郎」
「Saxophone ViVi」
「和田由貴」

松本真昭へ連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃい

エルムンド フォトアルバム


しらびそ小屋 フォトアルバム


2012桜 アルバム


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。