スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- コメント(-)

松伏高校卒業演奏会

 昨日は教えに行っている松伏高校音楽科の卒業演奏会だった。埼玉県松伏町にある「田園ホールエローラ」という響きの心地よいホール
エローラ小
で3年生が弾き歌い吹き納めを毎年この時期に行っている。声管弦楽器専攻の生徒には伴奏が必要な場合が多く、それは本来ならピアノ専攻の生徒が担当するところなのだが、昨今ピアノ科の生徒が少なく、生徒の負担を減らすため講師達もかり出されることになっている。私も副科ピアノを教えていたトロンボーンS君の伴奏を引き受け、本番に参加した。

 ステージ上は、高校生活最後の晴れ舞台ということで、ほどよく張り詰めて凜とした雰囲気が漂っている。が、裏に回ると、出番を待つ顔面蒼白な生徒や出番が終わって幽体離脱した生徒達がありんこの往来のように行き交っていて静かに阿鼻叫喚だ。
女子1:緊張してんの? 
S君:&△#%♭$っ!・・・  
女子2:バンッ!(おもいっきり背中を叩く音)緊張したっていいことなにもないぞ!  
S君:だって今まで緊張しなかったことなんて一度もなかったんだぞ!(キッパリ)
てな感じで何とも微笑ましいのである。

 思えば自分も彼らと同じ頃は発表の場がイヤでイヤで、なんで俺はこんな事をしなくちゃならんのだろう、と思いながら弾くもんだから当然うまくいかないことが多いわけで、だから余計にいやになって、の悪循環(しばらく経ってからののちに、それは単なる修錬不足によるものだったと判明するのだが)。それがこういう商売をしているのだから因果なものだなあと思う。

 S君と私の即席コンビもなんとかそつなくこなして終了。こちらは楽しかったがS君はどうかなー?顔面蒼白だったS君もすっかり血の気が戻って、3年間ありがとうございました、ときちんと頭を下げてくれた。

 いつものように3年間駆け足で自分の前を通り過ぎていく生徒達。ほんとにあっという間なのです。あれよあれよという間に出て行ってしまうので、手ほどきに心残りがありつつ、せめて幸せな音楽人生であるようにと、この時期になると祈ります。


じゃ、S君、またな。





.02 2012 コメント1

コメント

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.06.12 20:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shinsyoo.blog.fc2.com/tb.php/21-3ac69910

プロフィール

shinsyoo

Author:shinsyoo
さまざまな方と一緒にコバンザメのように行動しています。
「エイケントリオ」
「江波太郎」
「Saxophone ViVi」
「和田由貴」

松本真昭へ連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃい

エルムンド フォトアルバム


しらびそ小屋 フォトアルバム


2012桜 アルバム


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。