スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- コメント(-)

近況3題


6/30 宮城県白石市白石第二小学校において学校公演でした。もう20年続く老舗のタローズバンドですから、内容自体はとりたてて変わったこともないのですが、今日の注目はその校舎です。


昇降口は体育館のステージの裏。体育館の壁はファイバー素材のパネルでできていて光を透過し、明るい。そしてその壁自体がシャッターのように巻き上げられるようになっていて壁全体が開く。


後方には体育館の幅いっぱいの謎の木の階段が天井近くまで伸び、登り切ったところにプール。この階段には様々な使い方が。その階下には職員室、校長室、会議室、配膳室の重要棟。


その廊下がやけに明るく、光がゆらゆらとしてるなあと思って見上げるとプールの底が所々透明になっていて、プールの水を通して青い空が見えた!


体育館から伸びる廊下は全て壁がスライドして開け放て、教室の天井は四角錐で高く、てっぺんを採光換気窓に。

こうして書くとなんだか支離滅裂なようだが、ひとつひとつがとても理にかなっていて大変感心しました。…と思ってあとで調べると、著名な建築家が、設計に児童や父母や教師など住民参加型のワークショップを取り入れて造ったそうで、数々の建築賞を取っていました。
白石第二小学校
未来の「学び舎」の姿を見た思いでした。



7/4 加須で戦争孤児を引き取り育て始めて70年(!)の、孤児や遺児を救い続ける慈善グループ「愛の泉」による、第40回(!)のチャリティーコンサートでした。この継続の精神たるや、国のどんなお偉い先生の大仰な名演説も霞みます。その信用は会場を埋めた1000人のお客様が証明しているようでした。
尊敬してやまないソプラノ諸貫先生の歌心とタローズオカリナアンサンブルの緻密なハーモニーの連携による異種格闘技戦。我々は決して著名人ではありませんが、知名度に頼らなくても得られる様々な想いを、お客様に持っていただけたのではないかと思います。




7/5 恒例の江波さんのサロンコンサート。過去にオムライスが絶品の…と書きました。https://www.facebook.com/masaaki.matsumoto.9/posts/679877798753166?pnref=story
今回も可憐な歌姫・小田満美との、あうんの呼吸、間近で見る息遣い指さばき歌心ハーモニーは、ホールでは味わえない臨場感でしょう。これももう何回続いているのでしょうか、本当に頭が下がります。

いろいろな方の心意気を感じた3日間でした。





.11 2015 コメント0

コメント

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shinsyoo.blog.fc2.com/tb.php/161-f75cfc8c

プロフィール

shinsyoo

Author:shinsyoo
さまざまな方と一緒にコバンザメのように行動しています。
「エイケントリオ」
「江波太郎」
「Saxophone ViVi」
「和田由貴」

松本真昭へ連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃい

エルムンド フォトアルバム


しらびそ小屋 フォトアルバム


2012桜 アルバム


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。