スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- コメント(-)

娘にギターを買った。

 中2の娘がラジオにハマっている。いわゆるティーンエイジャー向けの総合音楽番組だ。いつも、おやすみー、と言ってベッドに潜ったあと、夜な夜なイヤフォンで聴いているらしい。

 そんな娘が「ギターをやりたい」と言い出した。ラジオに影響されて言い出すあたり、まだ純粋な子供心が残っていたかー、とホッとする反面、微妙にクリスマス前に言い出したところをみると、したたかな計算が働いていると言えるのかもしれない。案の定、それを聞きつけたクリスマスプレゼントを決めあぐねていたジジババがそれなら買ってやる、と、とんとん拍子でまんまと彼女はギターを手に入れた。

 買うには決まったが、ギターについて全く知識のない私は、近所に住む、娘の親友の父である通称「羅夢翁(らむじいと読む)」さんに助けを求めた。彼は大手のIT企業に長年勤めるかたわら、年間50曲以上も曲を作ってしまうスーパーキャリアリーマンシンガーソングライターで、作風がフォーク中心なのでギターには詳しい【羅夢翁HP】。にわか講釈を一日受けて機種を絞り、結局YAMAHAのFS720Sという入門機ながらスプルース単板の(もう知ったかぶり)豪華15点付き(!)入門セットを買った。
15点セット1
15点セット2


 そして、我が家に初めてギターがやってきた。ついでに羅夢翁さんもやってきた。一日講釈の時に、買ったらすぐに連絡するように娘にいろはを教えるから、と言ってくれていて、その言葉通りに翌日に早速自分のギターも抱えて飛んできてくれたのだった。謝謝。
 構え方から始まって弦の巻き方合わせ方フレットの押さえ方、ストロークにアルペジオにコードにハーモニクスまで、よくもまあこの短時間にと思うくらいてきぱきと手ほどきをしてくれた。
らむじい
もちろん娘のありんこのような脳では吸収にも限度があったはずだが、本当に目を輝かせていたのは実は自分だったのかも知れない。というのも、今まで、演奏のバリエーション上、ギターをやってみたいと何度も思ったものだが、ピアノとのあまりの奏法の違いにできっこないとそれは強固なベルリンの壁。それが目の前でノウハウを見せられるうちに(というか気がついたら自分が羅夢翁さんを質問攻めにしていた)その壁がほろほろと少しずつ剥がれてくるように新たな挑戦意欲がじわっと湧いてきたのだ。それを見透かしたように羅夢翁さんは自分の持ってきたギターを、これはしばらく置いていくから弾いてやって、と、奇特にも置いていってくれたのだった。

いやー、四十の手習い、みな陶芸とかフラダンスとかいろいろ新しいものに挑戦してサークルに入ったりレッスンに行ったり、そんなの自分にはしばらく無縁の、と思っていたが、何が一生の出会いになったり冥土の土産になったりするかわからないからなあ。もちろんギターの奥深さも想像に難くないしすぐにモノになるはずもないが(すでに左手がつった・・・)しばらく試運転してみようかなと思っている。

とりあえずの目標の曲は「富士山」。・・・・(娘はすでにトイレの神様を練習中・・・)


.04 2012 コメント2

コメント

羅夢翁
まさに、四十の手習いですなぁ。(笑)
そろそろ、指が痛ーーーくなる頃でしょうか?(笑)。
・・・私も、50の手習いで、ピアノを始めなければ・・・

がんばってくださいませ。

羅夢翁 拝


2012.01.04 23:19
まつ
いや、ホントに難しいですよ(涙)今日は案山子に挑戦したのですが、ワンフレーズで玉砕です(笑)
2012.01.04 23:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shinsyoo.blog.fc2.com/tb.php/11-53c86df4

プロフィール

shinsyoo

Author:shinsyoo
さまざまな方と一緒にコバンザメのように行動しています。
「エイケントリオ」
「江波太郎」
「Saxophone ViVi」
「和田由貴」

松本真昭へ連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃい

エルムンド フォトアルバム


しらびそ小屋 フォトアルバム


2012桜 アルバム


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。