スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- コメント(-)

クアットロアリア新百合ケ丘公演


藤原歌劇団の注目4人組「クアットロアリア」の公演が6/25新百合ヶ丘であります。私はシンセオケで参加します。今年1月に松伏町のエローラでご一緒した公演は大変好評で、それが本拠地新百合のファンの皆さんに受け入れられるかどうか。
埼玉方面からですと新宿までがんばって行けば、小田急ロマンスカーですぐです(^^)曲もがらっと変わりますのでぜひいらして下さい!どうぞよろしくお願いいたします。
チケットは松本まで。
スポンサーサイト
.31 2016 コメント0

イーハトーブの空へ  水仙月の四日

宮沢賢治の作品を、朗読・演奏・風墨画で表現した演目のテスト公演をし、その様子を動画にまとめました。題材は短編集「注文の多い料理店」の中の「水仙月の四日」です。語りは風間操さん。演劇家であり朗読家であり。過度な感情を抑えた明瞭な語り口にファンも多いです。「風墨画」とはTBS「まんが日本昔ばなし」のチーフディレクターを20年(!)務められた小林三男さん独自スタイルの墨絵です。曲は作曲家田中洋太さんと私の共作の書き下ろしで、ピアノとシンセの生演奏です。
制作にあたり何度も原作を読むほどに、その優れた空想感覚、情景描写、言葉の使い方を改めて知り、宮沢賢治とはすごい人だなあとつくづく思いました。
所要時間30分とちょっと長いのですが、読書の代わりによろしければご覧ください。
次のお題は「どんぐりと山猫」「雪渡り」です。お楽しみに
.01 2016 コメント0

藤原歌劇団の若手4人組 クワットロアリア


1/24 藤原歌劇団「Quattro Aria クワットロアリア」の松伏町エローラ公演は好評のうちに終了しました。
Quattro Aria クワットロアリアは簡単に言えば、テノール×2 バリトン×2のユニット。それにピアノ伴奏。今回はそれに厚みと奥行きを加えるべく、私のシンセと、ゲストに、私の行っている埼玉県立松伏高等学校の合唱部を加え、新演目の初公演でした

前半は日本の唱歌や歌曲、後半は懐かしの日本のヒット曲、それぞれの合間にオペラの名場面集やソロやデュエットを織り交ぜて、と、盛りだくさんな内容。明るく張りのある誠実な歌唱のリーダー笹岡さん、自在の音楽性とパフォーマンスを兼ね備えた和下田さん、透き通る美声の貴公子大西さん、太い歌声最年少にして大器の大塚さん、と、藤原歌劇団内できちんと選抜された4人それぞれの声質と歌唱力が素晴らしいこと!、ハーモニーがしっかり練り鍛え上げられていること‼、キャラクターがそれぞれ魅力的なこと‼!、と、そりゃあ身内びいきでしょうよ?と言われてもなお叫びたくなる良さがありました。あうんの呼吸のピアニスト辻さんとの連携もバッチリ。1,2曲聴いたお客様の表情も、開演前の期待値を超えていたことをちゃんと物語っていました。

そして、松伏高等学校合唱部!今や全国常連校となった彼らは、カルメンの闘牛士の歌やアンコールに登場、これまた身内びいきですが…素晴らしかった!思わず白樺林をアハハと駆け回りたくなるような、爽やかで潤いのある、素晴らしい歌声でした。終演後に何人ものお客様が、松高の合唱もっと聴きたかったわ!と!
それから、エローラというホール、田舎のいちホールですが、芥川也寸志氏監修の響きの素晴らしい、私の一番好きなホールです。
  
最後はやんやの歓声と共に、お客さんも歌手4人も高校生もスタッフも、もう会場にいる誰もがニコニコとしていて、私も心からよかったなあと思いました。


クワットロアリア、今後にご期待ください。


藤原歌劇団「Quattro Aria クワットロアリア」
テノール/笹岡慎一郎 テノール/大西貴浩   
バリトン/和下田大典 バリトン/大塚雄太
ピアノ/辻喜久栄 シンセサイザー/松本真昭  
合唱/埼玉県立松伏高等学校合唱部



おまけ。
すっかり日の落ちた駐車場で機材を積んでいると、背後から突然「ハッピバースデートゥユー♪」の大合唱。何ごと⁈と振り返ると、アリアの4人と辻さんと主催の武井さんが声の限りに歌いまくっていました。私の誕生日が前日だと知った彼らが密かに仕組んでくれたようで、オペラ歌手4人から至近距離で浴びる祝福砲の音圧と正確な音程(笑)、この感動生涯忘れません。
.27 2016 コメント0

大雪の前日に雨男3人が…


すみません、昨日の大雪は、我々が行った一昨日のコンサートが原因かもしれません。
もう長いお付き合いの、オカリナ山田恭弘氏、パーカッション継田和広氏とのトリオのコンサートが柏の葉駅前で行われました。お互いの呼吸も知り尽くし大変やりやすいのですが、一つ難点が。我々の自虐的トリオ名は「災害トリオ」。一人一人は「雨男」だが、3人寄ると災害級の天変が起きるとされています。中でも継田氏の引きの強さは強烈で、敬意を込めて特別に「災害男」と呼んでいます。昨年も北海道の現場に飛んだ継田氏を台風が追いかけ、結果、滅多にない北海道上陸となりました。私も、知らない子供から「ママー、あのおじちゃんが外に出ると雨が降るよー、見ててー!」と言われたことがあります…。
私の雨男ぶりは以下に詳しいです。
極み、雨男
災害トリオ公演は、悪天予報も強めに出たり、好天予報に反して雨が降ることはザラで、お客様には冗談半分で、コンサートにお越しの際には災害保険に入りましょう、と呼びかけています・・・。幸い雪の時間もずれ、コンサートも盛況でしたが、今朝の通勤通学にご迷惑をおかけし、お詫びを申し上げた次第ですm(_ _)m
  

上の写真、なんだか3人とも人相がヘンなのは、雪に備えて冬将軍に魂を抜き取られたからかもしれません。
.19 2016 コメント0

メロディオンフェスティバルin 東京



9/22 鈴木楽器主催 メロディオンフェスティバルin東京がありました。

世にも不思議な「買わされる」楽器、鍵盤ハーモニカ。小学校に上がると、無い人は購入してくださいとなって、全ての子どもたちが手にする楽器…。音楽会では打楽器などに希望が集まり、じゃあそれ以外の人は鍵盤に回ってくださーい、となるその他大勢の楽器…。鈴木楽器がメロディオンを発明してから50年、教育用品としての地位は確立したものの、「楽器」としての認知には成功したとは言いがたい。役目を終えて押し入れの肥やしになっている鍵ハモが山とあるのではないでしょうか。
ある日、私もそこらの家庭と同じように子供の机の下でホコリを被っていたそれを見つけ吹いてみると、あら懐かしい、となって、子供の集まりでなんかやれと頼まれちょっと仕込んでみたら、ん?これは⁈、となり、HAMMOND44というプロモデルを知り試しに買ってみて1曲仕上げたら、おーっ⁉となってこの楽器の表現力に気がつきました。
どうもそんな人がたくさんいるようで、近年演奏する「鍵盤業者」が増えました。

この日はそんなアーチストが12組集まって、ジャズあり、クラシックあり、ショーロあり、即興演奏あり、アンサンブルあり、様々なスタイルを感じることができる見本市のような楽しい会になりました。会場は2部とも超満員。でんすけさんとHAMMOND B3の市塚さんのペアはなんともグルービーで文句なしにかっこよかったし、吉田絵奈さんはピュアな音色と繊細な息遣いで会場を唸らせていました。夏秋文彦さんは真似の出来ない即興的でエキゾチックな確固たる世界観で空気を圧倒。他のアンサンブルの方々も工夫を凝らして見事なチームワーク。そしてサプライズゲストの松田昌さんが登場し自在で超ゴキゲンな演奏が披露されると会場の興奮はマックスに!

   
…それにしても、数年前は客席スカスカだったことを考えると何かがおきてるな?と思ったら、ピアノの先生がレッスンに鍵ハモを活用する事例が増えているようで、熱心なまなざしを送る方々がたくさんいました。また、それぞれの出演者のファンの方たちも、お目当て後も立ち上がることなく全ての演目を興味津々で聴いているようでした。
私は、HAMMONDのシンセsk-1「斎藤和夫」氏を共演者に迎え、クラシックや日本の名曲をオーケストラをバックに演奏しました…って意味がわかりませんよね(^_^;)資料映像がこちらにあります。【ケンハシンセ・スタイル】


例えばバッハやモーツァルトの時代には、新種の楽器がどんどん生み出されて、それはきっとその都度、聴く人や作る人の興味を大いに惹きつけたはずで、ほとんどの楽器が出来上がっている今に比べてさぞ刺激的で面白い時代だっただろうなあ、といつも想像してます。この日の鍵ハモ熱気ムンムンの会場を見て、楽器の「できたて」「夜明け」ってこんな感じだったのかなー、と思いました。
.01 2015 コメント0

プロフィール

shinsyoo

Author:shinsyoo
さまざまな方と一緒にコバンザメのように行動しています。
「エイケントリオ」
「江波太郎」
「Saxophone ViVi」
「和田由貴」

松本真昭へ連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃい

エルムンド フォトアルバム


しらびそ小屋 フォトアルバム


2012桜 アルバム


検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。